プリ小説

第15話

- 交 換 -
優希
そーだ、talk交換しない?
お、いいぜ、ちょっと待ってな

優希は机の上に置いてあったスマホを手に取ってtalk

を開いて見せ、拓は鞄からスマホを探し始めた
優希
グルトー作ろ
藤宮 羽菜
グルトー?
優希
グループトークよ
グルトーってパンのやつかと思ったわ
優希
やめてよ、ウケるんだけど

羽菜は優希の大きい笑い声に慣れて周りの客の視線も気

にならなくなっていた
優希
来た来た
今招待するからね
ピロンッ♪
おーきたきた
藤宮 羽菜
どうやるの…
talkというアプリ自体あまり使わない羽菜は困って優希に

助けを求めた
優希
貸して
あれ、陽のやつ追加してないの?
藤宮 羽菜
う、うん
優希
そっか今日お初対面だもんね
陽、追加しとくよ
藤宮 羽菜
えっ
そう言った後二人は陽を見ると小さく2度頷いていた

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

パステル・パピ子
パステル・パピ子
ご覧頂き感謝です。 かなりマイペース更新です。