無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

そらるさんが...
まふまふside

ま「そらるさん!大丈夫ですか?そらるさん!」

う「まふまふ、そらるさんどうしたんだ?」

ま「わかんない、どうしようそらるさんがどうしよう」

う「まふまふ落ち着け坂田、お前救急車呼べ!」

さ「分かった。」

坂田が救急車を呼んだあと、すぐに救急車が来て、僕はそらるさんの付き添いとして救急車に乗った。