無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第26話

teamネクスト・天堂光輝
光輝
やべ、見られてる
光輝がガサガサ音立てるからだよ
光輝
はあ?陸もうるさかったじゃんか
は?
しげみで言い合いをしていると

誰かが俺らに声をかけて来た。
あなた

2人とも

海司
なにしてんだよ
えっ
光輝
えっと、す、相撲!相撲の練習してて
あなたさんと会うなんて…き、奇遇っすねー
海司
なんでついて来たの
光輝
いや、別に俺らはずっとここにいたしなぁ?
す、相撲してたもんな
海司
へぇ、じゃあな
光輝
は?
海司
なに?
光輝
いや、なにって
海司
帰ってた途中だから、じゃあな
え?
海司
なに?
俺らは?
海司
だって相撲の練習するんだろ?
光輝
いや、それは
あなた

私のことは構わないで3人で帰って!
じゃあね!また明日!!

何かを勘違いしたあなたさんは

俺らに手を振ってしげみを出て歩き出した。
あなたさんー!!待ってくださいよ!
少し追いかけると、まるで展開を読めてたかのように

あなたさんの目の前にあの人が現れた。