無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

第1話
ピンポーン!

七瀬の家のインターホンが鳴った。
天堂七瀬
天堂七瀬
はーい!今行きます!
準備が。。。
天堂浬
天堂浬
ほら、早く仕事行くぞ?
10分後‥

天堂先生が「まだか…」と待っていると‥

どてっっ…

何かが落ちるような音がした。
天堂浬
天堂浬
七瀬!?入るぞ?
天堂七瀬
天堂七瀬
いててて…(╥﹏╥)
天堂浬
天堂浬
何やってんだ!バカ!
天堂七瀬
天堂七瀬
ごめんなさい…コケちゃって〜
天堂浬
天堂浬
ホント何やってんだ?笑
家の中で転ぶことってあるのか?笑
このように、結婚したにも関わらず、天堂先生と七瀬は一緒に暮らしていなくて、毎朝天堂先生が七瀬を迎えに来ている。

天堂先生は相変わらずドSですが、2人だけでいると甘々になる。笑うことも多くなってきた。

七瀬は相変わらずドジで鈍感である。
天堂浬
天堂浬
ほら、行くぞ!
天堂七瀬
天堂七瀬
わぁーーーーー(・o・)
天堂先生は七瀬をお姫様抱っこした。
天堂七瀬
天堂七瀬
恥ずかしいです!
下ろしてくださーい!
七瀬はお姫様抱っこされたまま、病院についた。
沼津幸人
沼津幸人
あれ?魔王が勇者をお姫様抱っこしてる!
魔王が勇者をお姫様抱っこしてるところを見てしまった沼津。
さて!この後どうなるのでしょうか!