無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

- 3 -
今日も朝から忙しそうなトミー。
たまには朝ご飯でも作ってあげよっと。
あなた

朝ご飯できたよー!

トミー
あなたが朝飯作るなんて珍しいな
明日台風でも来るんじゃね?笑
カンタ
笑笑
あなた

はいはい笑
つべこべ言わずに食べてください!

カンタ
いただきまーす
トミー
いただきます
-2人共食べ始める-
トミー
んめぇ
カンタ
なにこれ!
ちょーうまいじゃん!
あなた

でしょでしょ!
傑作ですからね!笑

カンタ
あー、あなたが俺の奥さんだっらなー笑
-トミー「ベシッ」-
カンタ
冗談だよ笑
なんで怒ってんの?笑
トミー
いや、別に
確かにトミーなんか怒ってる。
カンタ
嫉妬ですか〜( ̄∀ ̄)
トミー
うるせえよ笑
トミー顔真っ赤。

今ならいけるかも…

-トミーに耳打ち-
あなた

トミー、あのさ後で部屋来てくんない?

トミー
いいけど。
カンタ
2人してコソコソ話ししちゃって!
俺にも聞かせろよ〜!
トミー
カンタは無理でーす笑
あなた

残念でしたー笑

カンタ
やってんなー
トミー
それ俺のな
-3人で笑い合う-

こーやってみんなで笑い合える日が続くといいな。
カンタ
俺、編集してくるね!
あなた

頑張ってね!

今トミーと2人っきりだ。
いつもなら簡単にかっこいいとか言えるのに今は言いにくい。
緊張してるのかな?
長い間一緒に居る幼馴染なのに。
どうも話しずらい。
トミー
んで、言いたい事って?
勇気出せ、私。
あなた

あ、あのさ

トミー
うん
あなた

私、多分トミーの事が好きです。













_____________________


どーも作者のまーるです。
私の小説を読んでくださっている方々、お気に入りに登録、いいねをしてくださっている方々
本当にありがとうございます( ¨̮ )
始めたばかりの初心者ですがこれからもどうぞよろしくお願いします( . .)"
感想、アドバイス等々あったらコメントしてくださると嬉しいです(•ө•)♡

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

顎
少女漫画みたいな恋愛がしたあああい( ◜௰◝ )
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る