無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

279
2021/08/04

第4話

𓂃𓈒🥀✯


そうして私が連れてこられたのは……




なんか可愛いフワフワしてるパンケーキ専門店





あなた
……
五条  悟
五条 悟
1人じゃちょっと入りにくいんだよ……



いつもは自信満々な悟が少し恥ずかしそうにしているのを見て、ニヤけてしまった














五条  悟
五条 悟
ニヤニヤすんな


コンっ




あなた
あてっ
五条  悟
五条 悟
ほら、行くぞ





私が女子だからってちょっと手加減してゲンコツした……






あなた
ッ……//////




ヤバ……惚れる←もう惚れてんじゃねぇか





そうして私は悟について行った





五条  悟
五条 悟
……で、何食うんだ?
あなた
……
五条  悟
五条 悟
おい、何食うかって聞いてんだろ!
あなた
……ハッ
五条  悟
五条 悟
あ?お前、俺様が話しかけてんのに無視とはいい度胸じゃねぇか
あなた
うぅ……ゴメンなさい



メニューを見た私はすんごく悩んだ






だって!!イチゴかキャラメルだよ!?



私の大好物がぁ……





あなた
(どうしよ……イチゴかキャラメルか……)




ピンポーン




……え?決めてないんですけどぉ!?






そうしているうちに店員さんが来て悟は注文し始めた




五条  悟
五条 悟
イチゴとキャラメルで
あなた
……ふぇ?


悟はさも当たり前のようにイチゴとキャラメルを頼んだ





そして、店員さんが去った後……





あなた
……なんで私が食べたいものわかったの?
五条  悟
五条 悟
あ?全部顔に出てんだよ
あなた
えぇ〜……マジかぁ





顔に出ないように頑張ろ





五条  悟
五条 悟
今、顔に出ないように頑張ろ……って思っただろ?
あなた
……エスパーですか?
五条  悟
五条 悟
ちげーよ、お前が分かりやすいだけだ



私たちがこんな会話をしていると、パンケーキが運ばれてきた







五条  悟
五条 悟
お前キャラメルな



ほい……と、悟にキャラメルパンケーキを渡された





あなた
ん、いただきまーす!!



パクっ




あなた
……
五条  悟
五条 悟
おい?どうしt……
あなた
美味し〜!
あなた
パンケーキフワッフワっ!でもそれにキャラメルがトロォって!!
五条  悟
五条 悟
いや、語彙力皆無かよ笑
五条  悟
五条 悟
俺も食べよ




パクっ




五条  悟
五条 悟
ッ……
あなた
悟〜頬の緩みを隠しきれてないぞぉぉwww
五条  悟
五条 悟
うるせっ
五条  悟
五条 悟
……あ、ほら





そう言って悟は自分のフォークに1口サイズのパンケーキを刺して、私に差し出した






五条  悟
五条 悟
ほら
あなた
ふぇ?
五条  悟
五条 悟
食いたかったんだろ?




え、待て待て、悟がアーン!?!?




あなた
ッ……/////
五条  悟
五条 悟
ほら、早く食え



パクっ





あなた
美味し〜!
五条  悟
五条 悟
お前、それしか言ってねぇじゃねぇか
あなた
だって美味しいもん




ん?これは私も返した方がいいのか?嫌でも、私もアーンするの?




無理!!恥ずかしい!!






……どうすればいいのぉぉおお!?