無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

🥀
ユンギ
ユンギ
안녕하새요
(なまえ)
あなた
안녕하새요!
ユンギ
ユンギ
あなた?だっけか
(なまえ)
あなた
はい!



ほんとに塩だ……ㅎ
ユンギ
ユンギ
そういえば、テヒョンイがちょうど一週間前に、女の人に助けてもらったらしくて
(なまえ)
あなた
へぇー
ユンギ
ユンギ
その女の人の名前がキムあなただって言ってたぞ
(なまえ)
あなた
え……?



確かに、一週間前は男の人を助けたけど……






もしかして…その人がBTSのテヒョンさんだったの!?






嘘じゃん……そんな事ある…?




ユンギ
ユンギ
あなたってテヒョンイが言ってたなと思って言ってみただけだ
ユンギ
ユンギ
本人の口から聞いた方がいいと思うぞ
(なまえ)
あなた
そう、ですね……
(なまえ)
あなた
教えて頂いでありがとうございます、ㅎ
ユンギ
ユンギ
いや、礼はいらない
ユンギ
ユンギ
もうか、안녕
(なまえ)
あなた
あ、안녕



信じられない……そんな事があるなんて……







次はジンさんで、その次がテヒョンさん……