無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第44話

泣いてる理由
あなた











あなた目線


北「…なんで泣いてるん?」


『え?……あ


自分でも気付かなかった


北「気付いてなかったん?」


『うん…ひっぐ


北「今は言わんでええから保健室ついたら聞かせてな」


そういって笑う信介



─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

北「失礼します」


保健室についたが先生は居なくて私と信介のみだった


北「座りぃ」


私は信介の背中から離れて椅子に座った


『重かったよね、ありがとう』


北「軽かったで」


絶対重かったよねこれ嘘までついてくれるのか()


北「嘘ちゃうで」


『え』


エスパーですかあなたは((ちゃんとしろ

なんてどうでもいいことを考えているとさっそく聞いてきた信介…


北「そんで、なんで泣いてt(((最初に私から!質問いい…ですか…


話を遮ってしまい信介には悪いがどうしても聞いておきたい事がある


北「……ええよ」


どこまで優しいんですか


『えっと…名前呼び嫌じゃないの』


嫌って言われたら秒でやめよう。うん、そうしよう


北「逆になんで嫌がるん?しかも俺から"名前で呼べ"なんて言っといて、今"名前で呼ぶな"なんて言ったら理不尽やろ」


『あ…』


"そろそろ北やなくて信介って呼んでくれへん?"※参照…12話・頑張らないと


『確かに』


北「せやろ」


『あと何で私酷いことばっかりしてるのに普通に接してくれるの』


あー自分で言って嫌になってくる。本当もう開くな私の口


北「酷いこと?」


よくわかっていない顔をする信介


『依仍ちゃんに仕事押し付けたり、カッターで傷付けたり、階段から落としたり』


やめろ


『こんなやつに優しくする必要なんてないよ』


もう喋らないで、思ってもないこと言わないでよ


北「……」


ほら、信介黙っちゃったじゃん。

そんな事を考えるとまた涙が込み上げてくる、大丈夫大丈夫

強がり 得意でしょ??







────色葉────────

💬&❤&🌟&👀でめっちゃ励まされます😳

とりま結婚しましょ((こんなやつとしたくないわ

今年1年お疲れ様でした!!来年も頑張りましょう✨そして今後とも色葉をお願いします🙇




追記・最近バグやばい。頼むよ公式()
  読みずらくてすみません😣💦⤵