第38話

私の誕生日 Part2
1,522
2018/12/12 12:37
あなた

征、どこに行くの?

赤司征十郎
赤司征十郎
あなたはどこへ行きたい?
あなた

ん〜
あ!先週くらいにね可愛い小物を売ってる店が出来たらしくてそこに行きたいなって葵と話してたの!

赤司征十郎
赤司征十郎
じゃあそこへ行こうか
あなた

いいの?

赤司征十郎
赤司征十郎
もちろん
征は優しく微笑んでくれた
あなた

ここだよ

赤司征十郎
赤司征十郎
へぇ〜可愛らしいお店だね
あなた

でしょ!?

私達はお店に入った
店内にはたくさんの高校生や大学生らしき人達がたくさんいた
どれにしようかな〜って悩んでたら、なんか視線がこっちに集まってる気がした
恐る恐る周りを見ると、女の子のほとんどがこっちを見ていた
え、なんで?と思っていると、女の子達の話し声が聞こえてきた
大学生1
ねーねー、あそこの男の子ちょーカッコよくない?
大学生2
あ、私あの人知ってるよ
赤司征十郎くんだよ
バスケやっててちょーカッコイイの
改めて周りを見渡すと店内には男は征しかいなかった
征の方を見ると、征も以外と真剣に商品を見てた
これは意外だった(苦笑)
すると征がこっちを向いた
赤司征十郎
赤司征十郎
どうした?
あなた

え、あ、な、なんにも

赤司征十郎
赤司征十郎
あなた、これお揃いにして買わないかい?
あなた

え?

征が見せたのはバスケットボールのキーホルダーだった
そこにはボールにリボンが付いていて、赤や青、黄色、ピンクなどさまざまな種類があった
あなた

可愛い。。

赤司征十郎
赤司征十郎
あなたは何色が好き?
あなた

ピンク!

赤司征十郎
赤司征十郎
それじゃあ買ってくるよ
征はあっという間にと会計を済ませた
会計を済ませて私達は少し休憩をとることにした
赤司征十郎
赤司征十郎
あなたお誕生日おめでとう
征からさっき買ったキーホルダーを貰った
でもピンクじゃなくて赤色だった
あなた

征、私ピンクだよ?

赤司征十郎
赤司征十郎
知ってるよ
あなた

??
じゃあなんで?

赤司征十郎
赤司征十郎
これを持っているとあなたが側にいる気がするんだ
すまない。少し俺らしくなかったね
あなた

そんな事ないよ!
それぐらい征は寂しいって事でしょ?

赤司征十郎
赤司征十郎
そうだね(苦笑)
あなた

今日の夜ご飯は?

赤司征十郎
赤司征十郎
それならもう決めてあるよ
予約済みだよ
あなた

たのしみ!

それから私達はまたいろんなお店にいった
気づけば6時近くになっていた
赤司征十郎
赤司征十郎
そろそろ夕食にするかい?
あなた

うん!

赤司征十郎
赤司征十郎
それじゃあ行こうか
どこに行くのかな〜と歩きながら考えていると、
赤司征十郎
赤司征十郎
ここだよ
あなた

え、ここ?

私達が向かったその場所は。。。

プリ小説オーディオドラマ