無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

思い出と海
ついに夏休みが始まった


私たちは、時任さんの別荘に遊びにきた


近くの海の浜辺は、
多くの海水浴客で賑わっている
早川 友美
早川 友美
私泳いでくる!
友美のビキニ姿は、胸元が眩しい
倉持 ケイ
倉持 ケイ
俺も!
倉持くんと友美ははしゃぎながら海へ向かっていった

2人は、なんだかんだ波長が合っている気がする


もしかしたら、私の知らないところで色々進展しているのかもしれない

倉持くんは、以外にも筋肉質で
黒須くんより骨も太い


私
みんな楽しそう
私はパラソルの下で隣に座る
黒須くんに話しかけた
黒須 洸
黒須 洸
あなたは?
私
私も
黒須くんは、残念?ながら
パーカーを着ている

内心、私はそのパーカーの下を
見てみたい気持ちでいっぱいだった
時任 沙和
時任 沙和
ちょっと、あなたさん?
コウと2人きりなんて
いい度胸じゃないの!
沙和ちゃんは、
人数分の飲み物を抱きかかえながら戻ってきた

ジャンケンで負けたからパシリになってしまった
私
あぁ、ごめん……ありがとう
時任 沙和
時任 沙和
早川さんと倉持のやつ!
風間 夕希
風間 夕希
おお!
いたいた!
私
風間さん!今村さん!
時任 沙和
時任 沙和
げ、本当に来たんですか!?
今村 まりか
今村 まりか
そりゃね、黒須っちの
シャッターチャンス
逃す訳にはいかんでしょ
今村 まりか
今村 まりか
って、何で上着着てる訳!?
時任 沙和
時任 沙和
私が着せました
私
(そうだったんだ……)
風間 夕希
風間 夕希
おお、まりにゃん対策
パシャ
スマホのカメラのシャッター音がなった
時任 沙和
時任 沙和
ちょっと、今撮たわね
消しなさい!
今村 まりか
今村 まりか
いいじゃん、上着着てるし
黒須 洸
黒須 洸
(デジャヴ……?)
そのあと、

黒須くんは両手を引っ張り合われ
沙和ちゃんと今村先輩が言い争っている
隙を見つけて


私の手を引っ張って走って逃げた
黒須 洸
黒須 洸
はぁ……
黒須 洸
黒須 洸
ごめん……
私
はぁ…はぁ…
黒須くん…走るの
早い……
黒須 洸
黒須 洸
やっと逃げれた
黒須くんはパーカーを脱いだ
黒須 洸
黒須 洸
海……入る?
私
うん!
2人で手を繋いで海に入ってはしゃいだ


そのうちみんなに見つかって


みんなではしゃいだ



少し前は



黒須くんは



人を避けて生きていた



なのに




今、





黒須くんの周りには





こんなにも



沢山の人が





沢山の友達がいる





キミの涙は





私とキミが近づいたきっかけ




キミにとっては



きっと





辛いものだった





でも





私は




あの日





キミが泣いてくれて




良かったと思う








だって







キミを知れたから







今、キミが








笑っているから