無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第64話

鎖 前編
胸に少し重みを感じて目を覚ました。


目を開けなくても正体は分かる。


セットしてない髪をくしゃくしゃと撫でる。


「…ん、…はよ、」

じんたんの声が聞こえて目を開けた。

「はよ」

おでこにチュッと口付けるとまた目を閉じた。

このまま寝かせてあげたいけど、じんたんは今日用事があるって言ってたから起こしてあげないと。



「じんたん?今日用事あるんでしょ?起きて」

「…………あぁ~、打ち合わせがあるんだ…」

のそのそとじんたんが起き上がる。


「っさむ、いし腰痛い!」

昨日散々抱いたから服を着てないのも腰が痛いのも当たり前だろぉん。


じんたんの背中に小さなキスマークを見つけて少し満足げな気持ちになる。

「…おれの」

背中をそっとなぞると

「ちょ、擽ったいってw」


と、色気のない声を出した。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

まいたけ
まいたけ
駄作ですが優しくみまもって下さい🙇‍♀️
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る