無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

674
2018/09/19

第71話

中間side
デビュー会見の二日後、新居を見に行った。

メンバーみんなが見に行ける日やったけど、しげは検査入院で行けなくなってしまって、代わりにしげのお父さんとお母さんが来てくれはった。



小瀧
うわー!バリ広い!俺の部屋どこ!?
中間
まだ部屋は決まってへんよ。みんなで今度決めよ。
流星
うわーリビング広い・・
桐山
畳部屋もあるやん!ええやん!
家に入った瞬間、みんな大はしゃぎで走り回ってる。

みんなどんな家がいいか注文をしつこく聞いてたら、めんどくさくなったのか、俺と濱ちゃんにまかせっきりになって正直この家でほんまに良かったんか不安やったんやけど。


嬉しそうやしまぁ良かったなって、濱ちゃんと笑う。



お父さん
ええなぁ、この家。ここお父さんも引っ越してこようかな
お母さん
もー、お父さん。

しげのお父さんはメンバーに引っ付いて一緒に歩き回りながら羨ましそう。




仕事に行くのはちょっと遠くなるけど、周りは静かなちょっと田舎の一軒家。

この辺は家も少ないし自然もある。

窓からは夕日がばっちり見えるし、しげの望みも叶う。





これから、ここで7人一緒に暮らすんやな、




そう思って深呼吸した。





しげも、喜んでくれるといいな。