無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

640
2018/09/18

第69話

中間side
デビュー会見が無事終わって、デビュー曲を披露するまでの時間、濱ちゃんとトイレに行って部屋に帰ろうとしたら、いろんな記者さんに遭遇した。


しげと望が病気やってことは明かしてないけど、そのことを知ってる人だってもちろんいて、

みんな、同情の目で僕らを見た。



ーせっかくデビューできたけど、これから大変そうだね。

ー大変だろうけど、まぁ頑張って。


僕にいたっては最年長ということもあってか、

ーお世話大変だね、でもまぁ、所詮メンバーなんだからあんまり関わりすぎにようにね

なんて言われた。



きっと相手は、気を遣ってくれたんやろう。

周りにはきっと、そう見えるんやろう。


出来ないことがたくさんあって、

僕らがやらなきゃいけないことだってたくさんあって、



大変だ、苦労してる、可哀そう、


そう見られてしまうのは当然かもしれない。




でも、そう思うのは、しげや望に、メンバーに、本当に失礼だと思うんや。

確かに、僕らはお互い支え合わなきゃやっていけないけど、



でも、僕らは誰よりも、

しげと望に助けられてる。



可哀そうなグループ、


そう見られるかもしれへん、




でも、


俺は、1番幸せなグループやって、


そう思うよ。