無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

0
2021/09/21

第3話

存在意義
ふと思う。
自身の存在意義とは。

所詮、子供は大人のエゴに過ぎない。

この世には無駄な努力、というものも存在するが、それでもしないよりかはマシであろう。
自身は、継続という努力すら怠っていた。
こんな自身は存在するべきなのだろうか。
はたまた存在するために、社会に、人間に貢献し続けなければならないのか。
これこそ、自身が避け続けた努力という物ではなかろうか。

人の中身を知ろうともせず、肩書きや見た目で見下す人間の愚かさよ。
しかし、自分もそのカテゴリーに存在するという現実を受け止めなければなるまい。
自身にとってメリットのない事実は、受け入れることに時間がかかる。
それこそ、ゴミのようなプライドを抱えている人間にとって、その時間は耐え難い苦痛であり憎しみの対象であろう。
しかし、人間が今後も繁栄し、存在し続けたいと望むのであれば、それを心身共に受け入れなければならないのだ。