無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

38
2018/08/26

第5話

「はーい。授業始めるぞー」

えっと、数学かー

「教科書5ページ問1 相川ー」
「۞ڰ۞ڰ۞ڰ۞ڰ#です。」
「正解」
(え?!今の答え?!私には記号にしか聞こえなかったんだけどおおお)
やばいやばい…初日からついてけないぞ😭
今日は指名されないようにするしかないな、、
・・・・・・
「問6ーあなた」

あなた
白チャートが────
です。
(あなたも分かるの?!マジかよ😭頭良かったもんなー後で教えてもらお…)
私が何もわからない数学。
決して平和に終わるはずではなかったよ…
「問10  鈴野ー」
はっ、はい!
まてや…わかんねぇ、、
x=95  それで…
x=5  そして…────。
「正解」
わっ!凄い優くん…!!
(小声)優くんありがとう…!! 
もうちょい数学勉強したほうがいいんじゃない?
え、怒られた……?冷たいような、、
あ、あの…  今日の放課後空いてるかな??
空いてるけど、何?
数学、、教えてください…!!
なんか告白みたいになっちゃったかも…
俺でよければ教えてあげるけど
けど?!けどなんですか?!
絶対逃げんなよ
なんかニヤリってされた気がする、、
ちょっと怖いかも、、
キーンコーンカーンコーン

「さよーならー」
あなたあなたあなた!!
あなた
はーい。なんですかー?数学の質問は受け付けませんよー
いやーカクカクシカジカでね(♡´艸`)ウフッ
あなた
おお!!やりましたねー
咲さーん☆
ってことで💕
あなたばいばーい💕💕
あなた
あんまり調子乗りすぎんなよー
よし!家帰ったらそっこう図書館だ!