無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

黒尾side
あなたside

あなた:あー!もう!負けた〜

孤爪:クロが、勝ったの…?

リエーフ:たまたまじゃないっすか?

黒尾:あぁ?うるせぇ!今日俺はあなたと隣で寝るからな!!




ということであなたの隣は黒尾に…。

―夜―

あなた:ねぇちょっとなんでこうさ?近づいてくんの!?

黒尾:せっかくあなたと寝れるしよ?いいじゃんか〜

あなた:暑苦しくなるんだよ。ほんとに。

黒尾:えぇ嫌だ?

あなた:嫌だ。早く寝たいし離れて!?

黒尾:めんどくせぇな。ほら。

あなた:はぁ?どうしてこうなんの…


黒尾はあなたをバックハグしている。


黒尾:これなら離れられないって知ってるからな。

あなた:っ…………もう………




やばいやばいやばい。近すぎて死にそう…………。男の子にこんな事されたことないからドキドキする………。





―朝―

あなた:おはよ〜

リエーフ:おはようございます!!黒尾さんになんかされませんでしたか!?

あなた:ううん。大丈夫〜

夜久:黒尾お前ほんとになんもしてねぇな?

黒尾:強いて言うなら抱きしめた?くらいですかね〜ニヤァ

夜久:はぁ!?あなたちゃん大丈夫だった?

あなた:ま、まぁ…。

孤爪:クロ…………

黒尾:え、なんで。俺勝ったのに。

夜久:あなたちゃんが可哀想じゃん!何してるの!黒尾は!?

黒尾:だからなんで俺こんなに嫌われないと行けないの!?!?勝ったじゃんか!?



______そして今日、、



青葉城西と練習試合なのか…。











???:あー!あなたちゃん!!

あなた:あ…久しぶり






こんなにすぐめんどくさい男に出会うとは…






黒尾:なんだよ。こいつになんか用あんのか?

あなた:鉄郎……?


???:えぇ!だってあなたちゃんは俺の元マネージャー兼彼女だよ?

黒尾:はぁ?あなたこいつ誰だよ。ほんとかよ。

あなた:うん…そう。そいつは青葉城西の主将セッダー………及川徹…

及川:ちゃんと細かく覚えてくれてる!!嬉しいっ!!

黒尾:じゃ、今は特に要件はないんで〜帰ってください〜!!

及川:えぇ!ちょっと待ってよ!!!!あなたちゃぁぁぁぁぁん!!!!

黒尾:いちいちうるせぇやつだな。

あなた:あいつはそういう奴…。

黒尾:それとさぁ気になったんだけど〜

あなた:何?












黒尾:お前あいつの彼女……なの?