無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

リエーフside
あなたside

あなた:あぁ。もう!負けちゃった!

リエーフ:ヤッター!研磨さんにも勝った〜!!!

黒尾:なんだよ。リエーフかよ。

夜久:リエーフ!なんにもあなたに手を出しちゃダメだからね!?

孤爪:俺たちはどこで寝るの…?

リエーフ:みんな別室で寝てください!!!

黒尾・夜久:お前とあなた(ちゃん)が行けよ。

リエーフ:分かりました〜!行きます!!














―夜―

あなた:な、なんでわざわざ別室にまでしたの…?

リエーフ:絶対黒尾さん達寝てる間に引き離しますし、俺寝るの早いですからね…。

あなた:そうなんだ…。

リエーフ:今日、手繋いで寝ません?

あなた:えっ………?

リエーフ:いいっすよね?久しぶりにこうやって寝たいんです。

あなた:いい…よ?

リエーフ:わーい!ありがとうございます!おやすみなさい…!

あなた:お、おやすみ!





リエーフくんこういうことしても緊張したりドキドキしないのかな……💦















―朝―

あなた:おはよ〜

夜久:おはよう!!リエーフになんかされなかった!?

あなた:ううん。大丈夫〜

黒尾:リエーフお前ほんとになんもしてねぇな?

リエーフ:えぇっと。手繋いで寝ました!

夜久:はぁ!?あなたちゃん大丈夫だった?

あなた:ま、まぁ別に懐かしい気持ちがいっぱいでした。

孤爪:リエーフ…。

リエーフ:好きにしていいですよね!?

夜久:あなたちゃんが可哀想じゃん!何してるの!リエーフ!?

リエーフ:えぇ!!別にいいじゃないですかぁぁ〜



______そして今日、、



青葉城西と練習試合なのか…。











???:あー!あなたちゃん!!

あなた:あ…久しぶり






こんなにすぐめんどくさい男に出会うとは…






リエーフ:なんですか?あなたさんに要がありますか?

あなた:リエーフくん……?


???:えぇ!だってあなたちゃんは俺の元マネージャー兼彼女だよ?

リエーフ:え?あなたこの人誰でふか?てか、ほんとですか?。

あなた:うん…そう。そいつは青葉城西の主将セッダー………及川徹…

及川:ちゃんと細かく覚えてくれてる!!嬉しいっ!!

リエーフ:じゃ、今はとりあえず逃げましょう!

及川:えぇ!ちょっと待ってよ!!!!あなたちゃぁぁぁぁぁん!!!!

リエーフ:いちいちめんどくさいですね…。

あなた:あいつはそういう奴…。

リエーフ:それとさぁ気になったんですけど質問していいですか?

あなた:何?





















リエーフ:さっきの人と付き合ってるって本当ですか?