無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

カラオケ
忠義
忠義
着いた!ここやで!
未来
未来
なんか…高そう
外観からもう高級感が出てる。
忠義
忠義
大丈夫やで!俺が払うし!
忠義は高いというのを否定しなかった。
高いのを忠義1人に払わせるわけにはいかない。
未来
未来
え!私も払うよ!?
忠義
忠義
いーの。俺の要望やし。彼女に無理させられへん。
”彼女”。そう呼ばれることなど今まで1度も無かった。実際呼ばれてみるとドキドキするものなんだな。私は大学行きつつ、バイトしてる。
でも、やっすい給料。
未来
未来
…ありがとう!
未来
未来
(やっぱ忠義優しい…忠義が初彼で良かった)
カラオケルームの中に入ると、さっそく忠義は【何知ってる?】と言い、パットを持って操作し始めた。
未来
未来
えっと…
未来
未来
”ズッコケ男道”?だっけ?
曲名はあやふやだけど、曲なら分かる!
忠義
忠義
おお!合ってる。ズッコケや!
じゃあ入れるで。
                                      🎶
ズッコケ男道を歌ったあとも、たくさん歌った。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ぽょ🌻💍
ぽょ🌻💍
すとぷりʟᴏᴠᴇです。 _❤︎ るぅとくん ❤︎_ My すとぷりメンバー!! 💛⇒ぽょ🌻💍 💗⇒~marine-マリン-~⚓ ❤️⇒じぇりー🌇☀︎ 💙⇒恋歌@いちごミルク 🧡⇒ばーさん。 💜⇒ゆりか 【私の家族】 ・(妹)じぇりー🌇☀︎ ・(双子の妹)れお 私にとって大切で、大好きな人たちです☺️ 【私の大切な人のファンマ】 ・🍀🍭🍿←あい らぶ あや べりー まっち。 ・⚓🎸🎶 情 緒 不 安 定 。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る