無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第44話

レッスン場
あのあと…事務所に戻って、明日のスケジュール調整も済んだので、これから帰宅。
あなた

さてっ!
今日はまっすぐ帰って映画(主演:平野)
観よ勉強っかな~♪

(スタッフ) 私ちゃんお疲れ~
   岸くん、まだ練習してるんだね!
   いやぁ、やる気すごいねキンプリリーダー!
私
え?
あなた

朝からずっとレッスン場にいるの?

気になってレッスン場に行ってみた…
私
ホントだ…
そこには1人、ダンス練習している岸さんがいた。
私
……
タタタタタ……(走る音)
あなた

朝から何時間練習してるんだろう?

室内を見たら飲み物しかない!
何も食べていないかと思ったから、近くのコンビニで適当に食べ物を買って戻った…
優太
優太
あぁ~
またここでミスった!
あなた

話しかけて大丈夫かな…

私
……あの、岸さん…
お疲れさまです。
優太
優太
え?

おー!私ちゃんお疲れさま!!
優太
優太
どーしたの?仕事終わり?
私
はい。
岸さんは…朝からずっとここ練習ですか?
優太
優太
ちょっと覚えらんないとこあって…
これだけやっちゃおうかと思ってさ!
私
きちんとご飯食べたりしましたか?
優太
優太
お昼は食べたよ!スタッフと。
あなた

ご飯食べてたならよかった…

私
あの、水分きちんと摂った方がいいと思うので…よかったらこれア○エリどうぞ。
優太
優太
えっ!まじで?
もらっていいの??
優太
優太
ありがとー♪
ちょうどのどカラカラになっててさ…
私が手渡そうとした飲み物を岸さんが受け取ろうとしたとき…
優太
優太
あっ!
私
うわっ!
ドサッ!!
あなた

いったー💦

足がもたついたのか、私に向かって岸さんが倒れてきたので2人で床に倒れこんだ……///
優太
優太
ちょっ!マジごめん私ちゃんっ!!!
私
大丈夫です…けど……///
あの…どいてもらってもいいですか?
優太
優太
うわー💦マジで本当にごめんね💦💦
手を差しのべて立たせてくれたけど、
足元がふらつくほど練習してたんだね…
優太
優太
ほんっとごめんね!痛かったよね!!
私
大丈夫なので気にしないでください!
それより岸さん…ひざ大丈夫ですか?
倒れた時に私をかばってひざを床にぶつけていたのが気になった…
優太
優太
え?あ~これなら…
≪イテッ!≫
私
!!!
あなた

いま痛そうにしたよね?ケガしたっ??

私
えっ?
痛いですか??
ちゃんと立てますか?
ひざ曲がりますか??
優太
優太
大丈夫!大丈夫!これくらい(笑)
私
笑い事じゃないです!
とりあえずアイシングしましょう!
私
今、氷持ってくるので動かないで
座ってて下さいねっ!!
優太
優太
あ、はい、わかりました。
タタタタタダッシュ!!!
あなた

私が声かけて…
集中途切れさせてしまったから…💦

瞬間冷却剤があったので、
急いで岸さんのひざを冷やした…
あなた

……痛みが引かなかったらどうしよう💦

優太
優太
私ちゃん……わざわざ冷やすの持ってきてくれてごめんね💦
私
あの、病院行きますか?
私も一緒に…
優太
優太
そんな大したことないし大丈夫だよ!
冷やせばもぅ大丈夫!
私
でも……💦
優太
優太
練習のしすぎで筋肉痛なだけかもしれないし、気にしないでほんっとに大丈夫だから(笑)
あなた

…すごく心配だよ…こんなに頑張っているのにケガしてしまったらステージに立てなくなってしまう………

優太
優太
≪私ちゃん?≫
私
岸さん、一緒に帰りましょう?
練習は痛みが引いてからにして、今日は送るのでもぅ帰りましょう!ねっ?
優太
優太
≪なんか、
すごい心配してくれてる…///≫
優太
優太
わかった。
私
じゃあ、私、ここ片付けちゃうので、ちょっと待っててくださいね。
あ!着替えとかしますか??
優太
優太
いや、バッグに着替え入れちゃえば、このまま帰って大丈夫。
私
分かりました。
レッスン場の掃除や消灯をして、かくにいにも一応連絡入れて、岸さんを自宅に送ることにした。