無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

317
2020/06/18

第10話

黒い羽根募金【怖い話】
ホー助サイド
僕は事件を探して
その辺を歩いていた

その時に見つけたんです。
この暑いのに長袖の黒いワンピースを着て(まぁ僕も長袖ですけど)、
黒いマスク。

それと、腰より下の長い髪で
要するに全身真っ黒の
顔が見えないいかにもアヤシイ人。
アヤシイ人
…募金をお願いします…
ホー助
ホー助
☁︎募金?
募金ねぇ…
まあ、一応募金しときますか。
割と生活に困ってる人とかかもしれませんしね
ホー助
ホー助
はい、どーぞ
僕は女の人に500円玉を渡した
すると女の人は黒色の羽根を渡してきた
ホー助
ホー助
??
取り敢えず受け取って、
服(マントの下)に付けた。

よくわかんないけどこれで良いんだろう。
僕はまた事件を探すべく歩き始めた
駄作
駄作
んー…
数メートル先に駄作くんが居た。
何か探している様で、キョロキョロと辺りを見回している
ホー助
ホー助
駄作くん〜
どうしたんですか?
駄作
駄作
ん?
あー、シャー田一か。
実はバッジ無くして…
本当だ。
よく見ると、何時も帽子に付けているDのバッジが無い。
↑これです。
これが無いんです。
ホー助
ホー助
僕も探しますよ!
駄作
駄作
すまん、助かる
それから僕達は駄作くんのバッジを探し始めた。
ホー助
ホー助
うーん…見つかりませんねぇ…
ここに落としたんですか?
駄作
駄作
多分この辺だと思うんだけどな…
そのまま探していた時、今度はノキオくんが来た
ノキオ
ノキオ
おっ!
何してん…(ズデッ)
ホー助
ホー助
え〜…
何も無いところでコケましたけど…
ノキオ
ノキオ
イッテェ…
シャー田一、ティッシュとかねぇ?
ホー助
ホー助
有りますよ。
はい
僕はノキオくんにポケットティッシュを手渡した。
ちなみにこれはたまたま持ってた。
ノキオ
ノキオ
サンキュー!
で、お前ら何してんの?
ノキオくんはティッシュを傷口に当てながら聞いた。
ホー助
ホー助
駄作くんがバッジを落としたらしくて…
駄作くーんありましたー?
駄作
駄作
なーい
どうやらまだ見つからないらしい。
自販機の下や、道の端に生えてる草の中などを探している。
ノキオ
ノキオ
バッジ?
あー、名作が持ってると思うぞ
駄作
駄作
はぁ?
ノキオ
ノキオ
今日、名作が駄作のバッジ付けてたから
ホー助
ホー助
わーお
何故名作くんが…汗
取り敢えず僕達は名作くんの所へ行って、バッジを返してもらった。
その後駄作くんと別れた

ノキオくんは1人家に帰った。
……ロボット、って言う割に普通に血出てるし痛い行ってましたねw()

何故か、その後も困ってる人が沢山居たんです。

例えば…
つる公
つる公
んぐぐぐ…
あぁ、シャー田一パイセン!
木の上にボールのっちゃって…取ってほしいっす!
ホー助
ホー助
ちょっと待ってて下さいね、
えーっと棒無いですかねぇ…
オオカミ美少年
オオカミ美少年
シャー田一先輩!
ノキオ師匠知りませんか?
さっいどこか行っちゃって…汗
ホー助
ホー助
ノキオくんなら家にいますよ!
むすび
むすび
シャー田一くん!
弟達が迷子になっちゃって、一緒に探してほしいです!
ホー助
ホー助
どこで居なくなったかは分かりますか?
などなど。
何で今日はこんなに困ってる人がいるんですかねえ……
このままいくと大事件に出会えるんじゃ!?←
ホー助
ホー助
☁︎にしても…
この、黒い羽根
捨てて良いんですかね?
家帰ったら捨てよっと…

気がつくと19:30。
僕は急いで家に帰った
ーーーーーーーーーー
翌日、シャー田一くんの死体が発見された。
ーーーーーーーーーー
ツンデレラ
ツンデレラ
『黒い羽根募金』は、
募金した分、困ってる人が寄ってくるらしいわ。
ツンデレラ
ツンデレラ
それと、
『困ってる人を見捨てる』か『黒い羽根を捨てるなど近くに置かない』と殺されるらしいわよ
ツンデレラ
ツンデレラ
最初に出てきた女の人を無視すれば、良いらしいから、みんなは募金しちゃダメよ。
ツンデレラ
ツンデレラ
じゃあ、次の演劇をお楽しみに。
余談:この話もリア友から聞きました。
これ書くのに結構苦労した(詳しく分からないから())
因みに初めてこれ聞いた時僕泣きました←