無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

3,691
2018/07/16

第6話

臣のお仕事 ①
…ん?朝…。起きなきゃ。
あなた
ふぁぁぁ…。
あ、臣まだ寝てる。寝顔かわいい。
写真撮っちゃお~♪👀📷✨
あなた
…(カシャ
…7時かぁ。臣起こそーかな。
あなた
臣、起きて??臣~??
登坂広臣
ん…?あなたなぁに??
な、そんな甘えるんだ~♥️かわいいな♥️
あなた
7時だよ?起きよ??
登坂広臣
やだぁ。あと5分…スゥ…スゥ
あなた
臣~??起きよーって!
登坂広臣
んじゃぁあなたからちゅーしてくれたら起きる。
あなた
なんでぇー。
登坂広臣
じゃぁ寝る。
あなた
ち、ちゅーしたらほんとに起きるの?
登坂広臣
あなた
…チュッ
登坂広臣
はよ。
あなた
お、おはよ////
臣のばかっ////
付き合ってもないのにっ////

二人で下に行く。
3代目JSB
3代目JSB
臣以外)おはよ~
あなた
おはよー!
登坂広臣
おはよ。
岩田剛典
姫~♥️ぐっすり寝れた??
あなた
寝れたぁ!!ありがとぉ(*´艸`*)💞
岩田剛典
(や、やべぇ。かわいい。
登坂広臣
猫。今日俺の仕事ついてこいよ?
あなた
名前で呼んでくれないから行かない。
登坂広臣
あなた。俺の仕事ついてこい
あなた
はいはい笑
岩田剛典
え~。姫行っちゃうの~?( ´-ω-)シュン
あなた
いってくるから待っててね!
岩田剛典
はーいっ!!
お仕事ついていくことになり、準備をしに部屋に戻り、着替えていつもの香水を付けまた戻るとみんなうちを見てる。なんか、変?
あなた
え?みんなどーしたの??
登坂広臣
お前、香水付けてんだろ。
3代目JSB
3代目JSB
臣以外)いやそこかい!!
あなた
付けてるけど。
登坂広臣
俺と匂い同じ。
今市隆二
あ、確かに。
岩田剛典
ほんとだぁ。俺と同じやつつけろっ!!
山下健二郎
ほんまやん、臣とおなじや。
NAOTO
わぁお!!
ELLY
おぉ!!
そんなすごいか???笑
ほんと面白いこの人達笑
登坂広臣
わっ!時間やべ。
あなた
嘘っ!?
登坂広臣
あなた行くぞ。
あなた
ちょっと、待ってよ!
登坂広臣
おせーよ!
手を繋がれて車に乗る。
臣の運転なんだぁ。
ーーーーーーーその頃家ではーーーーーー
岩田剛典
姫行っちゃった。
今市隆二
あの二人くっつきそーじゃない??
NAOKI
確かになぁ
山下健二郎
わかるわぁ
ELLY
うん
NAOTO
あらまぁーーー
岩田剛典
…。
今市隆二
岩ちゃん??
岩田剛典
やだ。姫俺の。
NAOTO
こらこら笑
山下健二郎
まぁあなたちゃん次第やろ?なんにせよ。岩ちゃんと臣だけの意見ちゃうやん?
今市隆二
たまにゎ、いーことゆーね笑
山下健二郎
たまにゎってなんや!
3代目JSB
3代目JSB
笑笑笑笑