無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

393
2021/11/24

第55話

# おやすみ(56話)
⚠️55話と56話が入れ替わってしまっています。先に上の55話からお読みください。
ご不便お掛けして申し訳ありません。



△ ▲ △


目が覚めたら昼だった。
ここまで来ると起き上がる気も無くなり、充電に刺してあったスマホを抜き取って意味も無くSNSを見漁る。
ふと、時間を見ると既に11:30を指していた。
流石に寝過ぎたな。いつもは休みの日でも割とちゃんと
起きるので少し気分が下がる。折角の休みを無駄にした…
午前に自主練出来たかもしれないなあ…
小南 桐絵
あら、起きてるじゃない
you
びっっ、くりした
ノックも無しに扉が開いたと思えば、頭上から声が響く。
you
小南来てたの?
小南 桐絵
今来たところよ。というか寝過ぎなのよ!!
you
自分でも思う。
どうせまだ食べて無いんでしょ、と小南がご飯を作ってくれたので有難く貰うことにした。私が食べている間、小南は横でコーヒーを口にしながらこちらを見ている。食べにくい。
小南 桐絵
あんた着替えるぐらいしなさいよ。
you
何かここまで来ると何にもしたくない…
あんたねぇ…と、呆れられた。






△ ▲ △




小南 桐絵
食べ終わったんなら部屋行くわよ
you
そう言うやいなや私の腕を引っ張り、部屋まで半分引き摺られながら進む。小南は偶に行動が急過ぎてよく分からない時があるのだがまさにこれだ。
you
部屋で何するの?
小南 桐絵
映画の録画溜まってるから消化するわよ
you
急だね
小南 桐絵
あなたが何もしたくないって言ったんじゃない!?
you
そっかそっか笑ごめんって笑笑

小南は面倒見が良いのでなんだかんだ色々やってくれる。流石に今日はやってもらってばかりなので、私は買い溜めしてあったお菓子を机の上に広げた。映画を観ながらも、
半分は小南と喋る事に意識を持っていく。
小南とこうやって軽く雑談して、一緒に居る事が好きだったりもする。


小南 桐絵
修たちは今日も本部?
you
うん。この間のランク戦で負けてからみんな気持ち入ってるみたい。
小南 桐絵
あー二宮さんとのやつね。
you
あんまりやり過ぎも良くないから心配〜
小南 桐絵
そうね、偶には休んだ方がいいのよ。

小南のその言葉が修たちに掛けている言葉には思えなくて、いや、回りくどく言うのはやめよう。
私に言ってくれたように感じたのだ。
「休んでいい」と。
you
小南〜ありがとう。

一気に小南の顔が紅潮し、あわあわし始めた。

小南 桐絵
今のどこにあたしに感謝する要素があったの!?
小南 桐絵
き、急に何よ!?
you
いいじゃん、別に!

勢い余って立ち上がっていた小南に
「ほら、映画観なくていいの?」と言うと、もごもごしながら隣に座ったので何か微笑ましい気持ちになった。