無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

クラス
約2時間の入学式を終え
新入生たちは新しいクラスへ移動した。






(私は1年4組かぁ……)







うちの学校は入試の結果順をもとに
成績が良かった生徒から
2クラスある進学クラスに配属される。






そのうちの1つの
1年4組の名簿に私の名前があった。






(特に高校でやりたいこともないし、
勉強に専念しますか…………)







そんなことを考えながら歩いていると








ドンッ










(!!?……痛ぅ……)










私の前方不注意で
前を歩く男子にぶつかってしまった。








(うわっ、大きい……)










身長155cmの私と30cmは差があるだろうか。
首を上げて見上げる体勢になってしまう。
金髪がかった綺麗な髪色をしたその少年は
ゆっくりと後ろを向き、私を見下ろした。