無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

142
2020/09/06

第3話

夜は…❓黒尾
斎藤春香
斎藤春香
クロ〜寝よ
黒尾鉄朗
黒尾鉄朗
そうだな
2人はベッドに入る
やっぱりちょとせまいよ〜
やばい春香に俺の心臓の音聞こてるかな〜
これじゃ心臓もたねーよ
斎藤春香
斎藤春香
クロおやすみ💤
黒尾鉄朗
黒尾鉄朗
あぁおやすみ💤
えっまってクロ私に抱きついてる❓
心臓の音聞こえるかも知んねーけど
いまは、ハグしたい…
私たちは、いつのまにか寝ていた
斎藤春香
斎藤春香
はぁー髪セットしなくちゃ
斎藤春香
斎藤春香
ってええええええええええええーーーー
黒尾鉄朗
黒尾鉄朗
どうしたんだ朝から大声だすなよ
耳がキンキンするわーー
斎藤春香
斎藤春香
大声だすなよじゃないよ‼️
これなに⁉️
春香の手や胸、首元にいくつもの
キスマーク💋
斎藤春香
斎藤春香
クロどうすんの‼️
今日体育あるんだよ‼️
黒尾鉄朗
黒尾鉄朗
だってお前が何回も俺を蹴って起こすんだもん
だからお仕置き
斎藤春香
斎藤春香
ごめん🙏
じゃなくてこれはお互い様
黒尾鉄朗
黒尾鉄朗
はいはいごめんな
斎藤春香
斎藤春香
私もごめんだけど
斎藤春香
斎藤春香
手間が増えた…
化粧で隠さなきゃ
黒尾鉄朗
黒尾鉄朗
朝飯わ〜〜❓
斎藤春香
斎藤春香
やばい
いっそげー
春香が、頑張ること20分
斎藤春香
斎藤春香
よーし完了‼️
斎藤春香
斎藤春香
クロのキスマークも消えたし、
朝ご飯もできたー
黒尾鉄朗
黒尾鉄朗
おーありがとな