無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

808
2020/07/12

第3話

幸せな日常🌱
あなたside
学校に着いた

私のクラスは1年4組だ
学校の授業は簡単だしつまらないから嫌いだ
あなた:「おはよー」
クラスモブ:「お、おはようございます!!!!!」
舞:「あ!あなたおはよー!」
あなた:「おはよー!」
この子は川端 舞(かわばた まい)
前髪はセンター分けでお団子にしている
とても可愛い子だ。
他愛もない話をしていたら1時間目が始まった
1時間目は生物基礎か、
_.1時間目の授業_
キンコンカンコーン🔔
終わりの合図とともにみんな席を立ち
挨拶を終えて話し始める
そんな何気ない日常
中学とは違う普通の日常を
これからは遅れるのだと嬉しかった
何気なく一日が過ぎ部活の時間になった
急いで体育館へ向かう

・・・・・・・・
私はバレーが。好きだと思うようにしてる
じゃないと自分が壊れてしまうから
みんなぞろぞろと体育館に来て
アップをとり始める

その間に私は
清水先輩とやっちゃんと一緒にドリンクを作る
この何気ない時間も幸せだ
ドリンクを全員分作り終わると
次は記録を取ったりする
武田先生が体育館に入ってくると
皆一旦集合して挨拶をする
大地:「オネシャス!!」
烏野のみんな+マネ:「オネシャス!!」
武田先生「今日もよろしくお願いします!!
所で今日は皆さんに嬉しいお知らせです!」
一同:「???」
武田先生「もう1人2年生の子なのですがマネージャーとして入部してくれるそうです!」
田中&西谷「ウォォォォーーー!!!」
武田先生:「入ってきてください!」
菜乃花:「こんにちわぁー♡2年1組のぉ
鈴木なのかでぇす♡」
甘ったるい声で喋るその子を見た
瞬間震えが止まらなくなった
髪は茶色く巻いており化粧をしててスカートはパンツが見えるんじゃないかと思うほど短い丈にしている女が立っていた