無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第50話

相談
裕太くんと待ち合わせ。

「ヤッホー!裕太くん!」

裕太 「あなた!じゃあいくか」

近くのカフェに入って、、

裕太 「龍友のことやろ??」

「そーなんだよね… やっぱり私玲於のこと好きみたい。。」
「龍友と付き合いはじめてやっと確信した、、」

裕太 「龍友とわかれたら気まずくなる…ってことか?」

「うん」

裕太 「龍友は最初は悲しむと思うけどそんなやつじゃないやろ?」
   「大丈夫だよ。」

「そっか。ありがとう。」
「ちゃんと伝えてくる。」

裕太 「おう!頑張れよ!」