無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第41話

34
結局その日はててともう、話さなかった。
私は捨てられたんだ。そりゃあんなイケメン次の人なんかいくらでもいるしね。
大粒の涙が頬を濡らしていく
ぴーんぽーん
子供のじょんよん
はーい!
がちゃ
子供のてて
ん。
子供のじょんよん
え?
子供のてて
ん。
そう言って差し出した紙袋。
渡したらすぐに走って帰っていった。
その中身は
子供のじょんよん
欲しかったお財布…
🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸

こんにちは、yuuna です!

最近低浮上であまり更新できずすいません💦

これから頑張ります!!