無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,265
2019/06/08

第17話

16
16





















階段上って扉開けたら、若林がいた。(そらそうだ)







若林「えっ、国永」






「…気持ちいいね、屋上って」







若林「なんでここにいんの」







「心配だったからじゃーん
飛び降りるらしいし」








若林「…」









「良いと思うよ、私は」 









若林「国永も飛んでくれない?」








「私!?
なんでよ笑…まぁ良いけど」










明智たち、まだ撮影してるよ。

ホント、アホらし。









ん?原田先生!?


なんか、薄っぺらそうな布を広げてるんだけど。


あんなんで大丈夫?









「薄っぺらそうな布」







若林「怪我しそう」









原田「おーい
来い!!
若林!!それに、、国永!!」








名前、覚えてるんだ。


間があったのは気にしない。気にしない。










若林「…じゃあ、、飛ぶ?」








「うん!!」