無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
27
2018/05/19

第1話

隣のクラスのあいつ。
小学生の頃いつも通っていた並木道。

中学生になった私はいつも通りそこを通る。

今日は入学式だ。

もともと恥ずかしがり屋で引っ込み思案な私。

友達も多いわけではなかった。

気分の乗らないまま校門に着く。うつむいて歩いていると、


どすん。

誰かにぶつかったみたいだ。

「す…すみま…せ…ン」

かすれそうになるほどの声で言う。

「大丈夫?怪我はないか?」

そこにいたのは、イケメンだった。

「全然、大丈夫、です…」

「敬語使うなよ!俺は、蓮。よろしく!」

急に名前!? そう思ったけどまあいっか。

「私は…青山莉愛です。よろしく…ね…!」

うまくしゃべれない!はあー。

「莉愛だな!またお前の教室行くから!」

えー!?急だよ。

そんな事言えるわけがなかった。

あいつ…いや 蓮 はどんなやつなんだろうかq