無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

321
2018/02/18

第5話

手加減しない
それから私はあまりみんなと学校で遊ぶことはなくなった。でも全く会わなくなったわけじゃない。放課後はめっちゃ遊ぶ
今日はさくらにとって憂鬱な日だ。なぜかというと…
ゆ「早く来いよー」
さ「はぁ、最悪」
すずか以下す「ドッチボールって男子は好きだけどなにがいいのか全っ然わかんない」
か「だよねー」
《私はドッチボールは好きだけどレクが嫌だ》
シ「じゃあ俺外野いくわ」


《うっわ、祐怖ッ!!》
ゆ「おりやぁーーーーー!!」
美咲以下み「キャッ!!」
さ「美咲ちゃん!!大丈夫?」
み「うん、大丈夫」
《女子狙うとか最低!もういい当ててやラァ》
男子「あいつ強くね」
男子「おう」
男子「くるボール全部とって当ててるぜ?」
男子「今こっちが内野祐だけで向こう10人いるよ、外野行った人全員金田が当ててるんだよ」
《もう手加減しないわ、初めて会って慶を保健室送りにしたから!!私!!》
バンッ!!
ゆ「くっそー負けた」
さ「ふふふ、勝った!!」
シ「まあ強いもんなドッチボール、さくらは」
か「さくらちゃん!!強いんだね!」
す「すごい!!」