第45話

45
1,263
2019/02/06 15:50
.





ある日のLIVEにて。


MC1


直 「 盛り上がってますか〜? 」

aヲタ 「 いえーい!! 」


実 「 いやあ、この前ね、秀太とあなたが

喧嘩しちゃって。 」

実 「 私と真司郎は大変だったんだから 」

実,真 「 ねー? 」

光 「 はもった " 」

隆 「 え、俺その喧嘩知らない!! 」

秀 「 その話、まじで恥ずかしいからやめよ、ね 」

『 もう過去の話だよ 』

秀『 ねー? 』

直 「 こっちもはもった " 」

真 「 いや俺らが一番焦ったって 」

実 「 秀太が俺AAAやめる。とか言い出して! 」

秀 「 やめてぇ 」

真 「 でもあなたがしっかり秀太に言ってくれたから

ちゃんと解決したんやけどな? 」

直 「 さすが末っ子〜 」

隆 「 やる時はやるな!! 」

光 「 にっしまはさっきから誰目線だよ " 」

隆 「 俺、話が全然わかんねー " 」

直 「 まあ二人が喧嘩して危なかったって話 " 」

実 「 しかも秀太、あなたに別れよとか言ったの! 」

真 「 実彩子がそれでキレてた " 」

実 「 そりゃあキレるよ!! 」

秀 「 もうわかった。」

秀 「 あの時は俺が悪かった。」

秀 「 だからこの話はやめよう。」

直 「 うん。やめてあげよ。" 」

『 にっしーもついていけてないしね?" 』

隆 「 そーだよー 」

実,真 「 ごめんごめん " 」

直 「 じゃあ、次の曲行きますか! 」

aヲタ 「 いえーい!!! 」


今こうしていつもと変わらないメンバーと

いつも支えてくれるファンの子たちがいるお陰で

私たち " AAA " はできてる。

今の自分があるのは 元彼 を含めて

メンバー、スタッフの方々、家族、ファンの子たち

が私を支えてくれたから。

特に秀太は養成所で出会った時からずっと

私の中で家族とは違う 大きな支え になってたと思う


私は大切な仲間と

沢山笑って

沢山泣いて

自分を作ってく。


沢山喧嘩して

その分沢山仲直りして

関係を築いていく。


そんな 良い関係 である人が

少なくとも 六人 もいること。

それはとても幸せなことであって

無くしてはいけないもの。


私はこれからも変わらず

メンバー、スタッフの方々、家族、ファンの子たちと

良い関係 を保ちながら

更に上へ上へと AAA が登りつめて行けるように

私は精一杯 今 と向き合って行こうと思う


いつも隣にいる秀太を含め、メンバーと

もっともっと上へ!!



直 「 まだまだいくぞー!!! 」

aヲタ 「 いえええい!!! 」



嬉しい日と悲しい日が

繰り返し繰り返し続いて

いつまでも 幸せ な日々が

この 仲間 とおくれますように。





『 しゅーた 』

秀 「 なに? 」

『 だいすき 』

秀 「 なんだよ急に 」

『 秀太は? 』

『 私のことすき? 』

秀 「 、、、愛してる 」

『 ふへへ 』

秀 「 、、、 」 (( くしゃくしゃ

『 あ〜、髪の毛ぐしゃぐしゃなった〜 』

秀 「 お前はそれでじゅうぶん 」

『 はぁー? 』

秀 「 ほら、寝るぞ 」

『 わっ、待ってっ、! 』

『 どわっ 』(( どてっ

秀 「 あーあ、どじのくせに走ったりするから 」

『 秀太が急かしたからだもん 』

『 いたぁい、 』

秀 「 はいはい、ごめんな? 」

『 、、反省してないな 』

秀 「 まあね 」

『 もー!! 』

秀 「 ほら、暴れんな 」

『 んんん、、 』

秀 「 おやすみ 」

『 おやすみっ 』(( ちゅっ

秀 「 っ、、 」 (( 赤面

もぞもぞと私の胸のとこに顔をうずめて

私を抱きしめる秀太。

そんな秀太がとても可愛くて。

とっても胸が苦しい



あぁ



秀太が


" 愛おしい "




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


作者です


いきなりですがこれにて完結!

突然ですみません

受験生ということもあり、

更新が遅れるので完結させることにしました!

ちょうどネタが無くなってたので。


ここまで読んで下さりありがとうございます!

今日で私は携帯を親に預けて

3月6日まで本気で勉強するので

更新できないけど

それ以降は《 かっぷる 》同様

とっても亀ペースではありますが

番外編を出していこうと思います!

なので ☆ は外さないでください♡ "


私が帰ってくるまで何回もこの小説や

《 かっぷる 》《 うえとした 》

を読み直したりして頂けるととても嬉しいです♡



でわ!!






プリ小説オーディオドラマ