無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

👻





_カクカクシカジカ_

じょんぐく
じょんぐく
という事で一緒に暮らしたいってことです。
じん
じん
なるほど。
ゆんぎ
ゆんぎ
でもあなたの親は?
私
あ、私、一人暮らしなんで大丈夫ですよ
ほそく
ほそく
なんで一人暮らしなの??
私
...両親とも他界してしまったので。😅
ほそく
ほそく
あっ、ごめんね。
私
全然大丈夫ですよ👍
ほそく
ほそく
うん。(撫


わ、撫でられるとか久しぶりすぎて照れる。////

じょんぐく
じょんぐく
で、どうですか??
てひょん
てひょん
ぼくさんせー!!🙋‍♂️
じみん
じみん
僕も!!🙋‍♂️
じん
じん
僕は少し心配だな。
じょんぐく
じょんぐく
何がです?
じん
じん
マンネlineがあなたちゃんを襲わないか((ボソッ
私
へ?なんですか??


やばっ、ぼーってしてた😋テヘ


マンネline
マンネline
っ!?

ヒョン!!////
じん
じん
うそうそㅋㅋ
マンネline
マンネline
😠😠😠
私
???
じん
じん
まー冗談はさておき、

あなたちゃんは見えるんだけど力はないんだよね??
私
力??
ほそく
ほそく
霊とか色々祓ったりする力だよ。
私
....わかんないです。
じん
じん
そっか。

もし、僕達の事を怨んでる奴ら(怨霊)がここに来た時が心配なんだよな。
なむじゅん
なむじゅん
僕もそれが心配でした。

まぁ仕事柄仕方がないけどね。
私
あの、皆さんのお仕事って??
じん
じん
なんだ、言ってなかったの?
じょんぐく
じょんぐく
はい。

混乱すると思って。
じん
じん
なるほど。
私
???
じん
じん
あのね、僕達の仕事は、








『祓い屋(妖怪退治)なんだ。』