無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

👻









ㅤ
私
は、祓い屋??
じん
じん
うん。
私
あの、祓い屋って??
なむじゅん
なむじゅん
祓い屋はね、

良く言えば、妖怪や霊関係で困ってたりする人を助ける仕事。

で、悪く言えば...
私
??
ゆんぎ
ゆんぎ
場合によっては霊を無理やり殺す仕事。
私
っ!?


......なるほど。


そっか。

さっきみたいな奴がいると危険だもんね。


💣
💣
.......。
ほそく
ほそく
まぁ、言っちゃえばなんでも屋なんだけどねㅎㅎ
じみん
じみん
そーそー!

だからみんなに『万屋さん』って呼ばれてるんだよㅋㅋ
私
....そうなんですねㅋㅋ
じん
じん
まぁ、さっきの話に戻すけど、

ユンギの話した通り、僕達は1部の妖怪や霊達に怨まれてる。
私
はい。
じん
じん
だからもしかしたらここも危険かもしれない。

それでも大丈夫かい?
私
.....はい!!

ずっと一人でいるより、怖くないですし、なにか皆さんのお手伝いもなにか出来るかもしれないですから!!
じん
じん
......よしっ、僕も賛成!!

ユンギ達は?
ほそく
ほそく
もちろん賛成!😁
なむじゅん
なむじゅん
僕もです🙋‍♂️
ゆんぎ
ゆんぎ
......よろしくな。
私
っはい!!

よろしくお願いします!!😁

















✂ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー✂


おまけ。

私
っはい!!

よろしくお願いします!!😁
☝この時のみんなの気持ち。


💣
💣
は.......
























可愛すぎだろ。////
💣
💣
(−🐰)グガ、ないす。👍
じょんぐく
じょんぐく
あたぼうよ←