無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第62話

Over あなたside
あなた「北人…あの、あれからたくさん考えたんだけど…あの、やっぱり…」




北人「…」




私は北人の目を見た





あなた「私と、わかれっ……
























あなた「ぇっ…」











北人「ごめん」











あなた「あっ…ほく、と…」














北人は雑踏の中に消えてった