無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

だから白猫キャンペーンとは
白猫キャンペーンの義務ってなんなの??


神様
白猫キャンペーンの説明を忘れていたな。
白猫キャンペーンとはな、あれだあれ。動物からの恩返しキャンペーンだ。
また心読んできたよコイツ。なんなんだ。
神様
お前、白猫を助けただろ。あれ俺の神社の猫なのよ。ってことで俺のペット助けてくれたお前にプレゼントでーすつってな、俺今ここにいるの。分かる??
あなた

……神社の白猫ってあの綺麗な??
ってかあの神社の守り神さんなんすねあなた…

ふん、と威張る神様。

どうやらこの神様はこの地域の神様らしい。
そしてあの猫はこの神様のペット。ってことはあの猫も神様の仲間?

……めんどくさいやつ助けちゃったわ(小声)
あなた

てか神様口調変わりすぎ。
神様口調はどこいったの…

神様
あ?口調なんて気にすんなよ。もう神様キャラ飽きたし、てか白猫キャンペーンも嘘だし。
あなた

ふーん。……っては?!嘘ってどうゆうこと?!

ツッコミどころが多すぎて何から言えばいいのか。

とりあえず白猫キャンペーンはなんだよ、嘘?は?
神様
あ、嘘ってのは言い方が悪かったわ。
嘘ってか、白猫キャンペーンなんてキャンペーンはやってないってこと。
とりあえず白猫助けたお前に恩返ししろって上司に言われたから今こうしておれ天から降りてきたの。
天界にも上司なんてもんいるんだ…ってことはコイツサラリーマンか…へぇ…

なんてどうでもいいことを考えるくらいには余裕がでてきた。
余裕っていうかコイツの登場から展開急すぎてもうどうでもよくなったっていうか。

なんかわかんないけど、とりあえずこの神様がわたしにいいことしてくれるってことでおk?
神様
あ、もうこんな時間か…じゃ俺帰るから。
願いちゃんと考えとけよ。
そう言うとドロン!って感じで消えていった神様。


時計を見ると朝の4時半。


………いや時間くらい戻していってよ。