無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

記憶をふり返っているうちに、アカツカ村についていた

上から見渡してみると森の奥に教会らしき建物があった。
俺は森の奥へと進んだ。
早くカラ松に会いたい。そんな気持ちで沢山だった。

気持ちをわくわくさせているうちに
あっという間に教会についていた。
きっと此処にカラ松は居るはずだ

俺は教会に入った。
するとそこには、大天使、女神、悪魔、シスター、Ghost、そしてカラ松がいた

全員絡みのあるやつだ。
ミア
ミア
カラ松 …… !
こんなに大きな声で相手を呼ぶのは
久しぶりだった。
カラ松は俺の事を覚えてくれているのだろうか。
松野カラ松
松野カラ松
………
ミア
ミア
聞いてんの ……… ?
返事がなかった。
もしかして耳が聞こえないのだろうか。

俺はカラ松の方をぽんとたたこうとしたが、









たたけなかった。



ミア
ミア
え …… ?
幽霊……なのか ??カラ松は死んでしまったのか?
否、生きてるはずだ。
この目でちゃんと見た

なら、何で ??

取り敢えず、他のやつにも話しかけてみよう
ミア
ミア
おい、おそ松
松野おそ松
松野おそ松
………
ミア
ミア
っ、…だったら、あいつは…
ミア
ミア
チョロ松!
松野チョロ松
松野チョロ松
………
大丈夫だ。
誰かが、おれの存在がみえてるなら
カラ松や他の野郎に存在を教えてもらえる
まだ、チャンスはある
ミア
ミア
ねぇ、一松
松野一松
松野一松
…………
こいつは無視する事が多いから…大丈夫…
十四松やトド松なら…
ミア
ミア
十四松、
松野十四松
松野十四松
………
ミア
ミア
っ…だったら…
トド松 !
松野トド松
松野トド松
…………
え?何で……
何かした?
取り敢えず全員に触れてみよう


俺はおそ松、チョロ松、一松……
順番ずつ肩をぽんと叩いた


だが、反応がない。


そういえば……、写真があったんだった

写真を見ればきっと分かってくれるはず
来た時教会の引き出しから、写真らしきものがでていたな…… それを見せれば……
写真を見た瞬間、頭が真っ白になった。


写真には写ってるはずなのに…







俺だけが写ってなかった。



ミア
ミア
え、…………… 何で ………
気づいたら泣いていた。
目からは薄い赤色の涙が出ていた
涙は止まらなかった

ただただ、写真を見ながら、表情を変えずに
涙を流していた。


なぜ私は、触れない?
何で、見えない?
何で、写真に写ってない?




意味がわからなかった。



ちゃんとほかの奴には見えてるのに。

何でこいつ等だけ?


色々考えると、悲しくなってきた。
辛かった。
苦しかった。
ようやく見つけたのに。
ようやく!
何十年もかけて!
ずっと、諦めずに!

酷い。酷すぎる。




私は、失望した。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

名無しの権兵衛
名無しの権兵衛
主に松書く 私の小説って 何か人気 ないよな
ミステリーの作品もっと見る
公式作品もっと見る