無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第17話

story_13















私は隼が心配になって、


隼の家にいさせてもらうように


お兄ちゃんとマネさんに頼んだ。


私の大好きなお店も、臨時休業として閉めた。


なんでだろう。私は龍友が好き。


なのに、頭の中は、隼でいっぱい。


ごめんね龍友…。


そんなことを思っていると、


隼が目を覚ました。

小森隼
小森隼
んん………あなた…??
あなた

隼………大丈夫??
熱は無さそうだけど…。

小森隼
小森隼
ううん、大丈夫。
あなた

龍友になんかされた??
暴力とか………されてない??
そんなことないって
わかってるけどさ………。
心配なんだよ、隼。

小森隼
小森隼
あなたがトイレに
行ってる間にあったこと、
話すね………。


隼は全部話してくれた。


隼が龍友に言ったことも、全部。


そして、隼がまだ私を好きでいてくれてる


ことも______________________。

あなた

隼1人で大丈夫??

小森隼
小森隼
うん、あなたと別れた後ね、
ストレスが溜まりやすくなった
みたいで、よく倒れるんだ。‪w
あなたっていう存在は、
僕の中ではとてつもなく
大きかったみたい。‪w
いいよ………
龍友くんのところ行っても。
あなた

ごめん、隼。

小森隼
小森隼
けど、僕はあなたのこと
諦めないからね。
あなた

………。ありがとう。



龍友………悪く言ってごめんね。


そう思いながら電話をかけた。


しかし……………。

あなた

でない………。
もう10回もかけたのに…。
仕事…ないよね??
忙しいの??


こればっかりは仕方のないこと。


けど、私の心の中には


「不安」と「焦り」しか無かった。






龍友side


僕は隼にもあなたにも酷いことをした。


あなた、僕なんかよりも、隼のほうが


ええんちゃうか………??


僕はただの一目惚れや。


隼のほうが思いは強いし、


隼のほうがあなたのこと傷つけへん。


こんなことを思う僕はダメ男や。


もう、あなたとは関わらへん。


そう決めたんや。









亜嵐side


隼………大丈夫かな。


あれ、あなたから電話??

あなた

亜嵐っ………
龍友が今どこにいるかわかる??


あなたが焦った時、


お兄ちゃんじゃなくて、


亜嵐って呼ぶよね………。

白濱亜嵐
白濱亜嵐
どうしたあなた…。
龍友くんならまだ事務所にいると
思うけど………。
あなた

電話…繋がらなくてっ………。

白濱亜嵐
白濱亜嵐
え??俺なんか
いまさっきまでLINEしてたけど…。
……………とりあえずあなたは
LDHに向かえ。
龍友くんには俺が連絡つけとくから。
あなた

わかった。((ブチッ📞


あなたとの電話が切れた瞬間、


俺は龍友くんに電話をかけた。

白濱亜嵐
白濱亜嵐
もしもし龍友くん。
数原龍友
数原龍友
………なんや…。
白濱亜嵐
白濱亜嵐
あなたからの電話、
なんで無視するの??
あなた、焦ってたけど…。
数原龍友
数原龍友
自信がなくなったんや、
隼への対応をみて。
僕があなたを絶対幸せにする。
そう思ってたはずやのにな…。
隼の言うてたこと聞いて、
確かにそうやなって。
あなたの過去をなんもしらん
僕が幸せにできるんかって…。
白濱亜嵐
白濱亜嵐
は??なにそれ。
意味わかんないんだけど。
そんなんだったら俺だって
幸せにできるんですけど。
一応お兄ちゃんだし??
龍友くんはそんな人じゃないでしょ。
いつから人に流されるような
性格になったの??馬鹿じゃないの??
気づいてないなら俺が言うわ。
その判断、間違ってるよ。
あなたが傷つくだけだよ………。
数原龍友
数原龍友
……………僕は最低な人間や。
あなた

最低じゃないよっ……………はぁ…はぁ…

数原龍友
数原龍友
あなたっ……………。
白濱亜嵐
白濱亜嵐
じゃあね。((ブチッ📞












龍友くん………ファイト。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

えすたん.
えすたん.
👊🐒🌈 と書いて ファンマ と読む。 🍑 … まるちゃん同盟👼
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る