無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第6話

五話
兄貴は口を開かない
暁輝
暁輝
あの……
碧棺左馬刻
碧棺左馬刻
……………………5年前のこと、覚えてんのか?
暁輝
暁輝
覚えてます……
初めにこう聞かれた
忘れるわけがないのにだ
碧棺左馬刻
碧棺左馬刻
そうか、良かった・・・・
暁輝
暁輝
良かった、って?
碧棺左馬刻
碧棺左馬刻
前世の記憶が戻ったんなら、俺様の事を忘れてんじゃねぇかってな
暁輝
暁輝
普通は忘れませんって(笑)
碧棺左馬刻
碧棺左馬刻
そうか(笑)
良かった、
俺様の事忘れてなかった、
てか、何でこれを聞いたんだろうか?
好き、だからか、
好き、
か、
暁輝
暁輝
(*`∀´*)ニカッ
碧棺左馬刻
碧棺左馬刻
ッ…///
暁輝
暁輝
どうしたんすか?兄貴?
あなたは俺様の事をどう思ってんだ、
惚れさせてぇな、
絶対、