無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第20話

惨めな恋
あなたside
あなた

ありがと、龍友。

数原龍友
ほんまに気をつけろよ ~?
あなた

うん、ごめんね

数原龍友
無事やったで良かったわ。
あなた

龍友がいなかったら私今頃…

そんなこと言ったら龍友、、
数原龍友
そんなこと言わんといて。
あなた

え?

数原龍友
嫌や、あなたがおらへんとか。
きっとそれは安心感覚。


紛れもなく


恋愛感情


ではないことが分かる。
あなた

私も龍友と離れるのは嫌だよ。

これ、結構本気で思ってるんだけどなぁ…
数原龍友
ずっと仲ええ友達でおろうな。
私の頭を優しく撫でて


またな


そう言って帰って行った。
"  ずっと仲ええ友達  "
やっぱ、叶わない恋だって。


そうはっきり遠回しだけど龍友に言われた気がした。
背を向けて私から遠ざかる龍友を見つめるしかできなかった。
ずっと仲いい友達なんて無理だよ。


私の気持ちを伝えたら変わってしまう。


いつも通りになってくれないだろう。


いっその事私から離れて泉さんの所に行ってしまうかも。
あなた

行かないで…

祭儀龍友のことを思って泣くことが多くなった。


それは、日にちが過ぎる度好きが増すから。
勝手に独占欲が出てきたり


勝手な思い込みで思いがいろんな風に重なる。
惨めな恋。


早く終わらないかな。