無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第27話

怖い
実はココ最近、つけられてる頻度がましてきている気がする。


明日から夏休みということであまりら外に出ることは


ないんだけど、やっぱ、気持ち悪いよね。
ってか!!


龍友に会えてない…


昨日も会えなかったし…
そんな時は電話。
prrrrrrrrrr
なかなか出ないなぁ、
数原龍友
ん ~ ?
あなた

あ!龍友、

数原龍友
お前から電話かけといてなんやねん。笑
あなた

声聞きたくなった。

数原龍友
恋人みたいなこと言うなぁ、
言うことさえダメなの?


恋人になれないからこそ言いたくなる。


その気分だけでも味わいたい。
あなた

いいじゃん、両方恋人いないんだし。

数原龍友
ん ~ 、せやな。
納得してくれるだけでも嬉しい。
数原龍友
なぁ、聞いてや。
あなた

ん?

また始まる。


龍友の


" 聞いてや "


それは、私にとって辛い時間。


龍友にとって嬉しい時間。
数原龍友
泉ちゃん最近元気ないねん。
あなた

そうなの?

数原龍友
今日も話しかけたんやけど
うっすい反応やってん。
めっちゃ悲しかったんやって!
それは、
あなた

何かあったかな、

数原龍友
ん ~ 、よく悲しそうな顔するもんな
あなた

そうなの。

龍友と離れたくないから。


泉さんも、好きなんだよ、
はぁ、本気で叶わない恋じゃん。
数原龍友
夏休み会えへんで悲しい。
あなた

私も…

何気なくぼそっと呟いた言葉。


あ、
数原龍友
舞に会えへんもんな、あなた。
龍友なのに…


いっつも知らないふりする。


それは本心?
あなた

私、好きな人出来たよ。

数原龍友
ほんま?
あなた

ほんと。

なんて伝えたって無駄なのに。


意味ないのにね。
数原龍友
良かったな。
結構心配しててん。
あなたに好きな人出来へんかなぁって。
あなた

え?

数原龍友
恋する気持ちは楽しいってことを伝えたかった。
あなた

…わかるよ。その気持ち。

数原龍友
やろ!
あなた

でも、辛いことの方が多いよ。

数原龍友
ホンマにそれはわかる。
他の人と話してたりしたら
機嫌悪くなってしまうわ。
あなた

私のね好きな人に好きな人がいるの。

いつの間にや初めての龍友に私が相談した。


聞いてくれるだけで随分と楽だ。
数原龍友
辛いな、やったらいつでも僕に相談しいや。
あなた

ん、ありがと。龍友。

数原龍友
おう!
やっぱ、無理だ。


嫌な恋しちゃったなぁ、
不意に見えた外。


家の玄関に誰かがいる。


じっとこっちを見つめて、笑った。
あなた

龍友、やばい、助けて。

数原龍友
どうしたん
あなた

ストーカー、まだいる。

温かい心から一瞬で冷めた。


怖い…


お母さん、もう寝ちゃってるし、やばい。
私の部屋だけ電気ついてる。


絶対狙われてる。
数原龍友
まっとけ、あなた。
あなた

え?龍…

ぷーっ、ぷーっ、