無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

#6 ふ う ふ
あなた

あの〜、ありがとうございます。
めいわくかけてごめんなさい。

流星
風邪ひいてんならやすみな、
泊まっていいって、あなたのお父さんが
ってか敬語やめよ、夫婦だし?、
あなた

ふ、夫婦!?あ、そうか、わかった。
じゃあ1個きいていい?

流星
はい。その質問で1個。おーわーり。
あなた

ねぇ〜流星くん!

流星
はいはい。なに?
あなた

流星くんの部屋なんでこんな服の絵とか
あるの?

流星
俺ブランドもってんの、
言ってなかったか
あなた

えー!すごっ!
なんていうやつ!?!!

流星
おしえなーい!
もうねるよ!
あなた

え!?おんなじとこで寝るの!?

流星
んなわけ、おれ向こうで寝るよ
じゃあおやすみ〜
あなた

おやすみなさい

今日は流星くんといてなんかたのしかった。

わたしなんか、流星くんのこと
ちゃんと好きかも、



ツヅク