無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第31話

アタック②
伶菜
…ごめんなさい。
玲於
やっぱり、壱馬のこと、好きなんでしょ
伶菜
なんで、そう思うんですか?
玲於
…なんかね、見てたらわかるんだ。





話しながら玲於先輩は立ち上がった。







手を出してくれた。





伶菜
ありがとうございます





掴んで私も立ち上がった。












玲於
大丈夫。誰にも言わないから…!
伶菜
…はい。
玲於
でも、伶菜ちゃん!そのままだとみんなにバレちゃうよ!
伶菜
そんなにわかりやすいですか?
玲於
うん。めちゃくちゃわかりやすいよ
伶菜
うーん…どのへんが…
玲於
だってさ、自分から連絡先聞くなんて。
伶菜
あー、あれは…
玲於
ま、その流れで俺もゲットしたから感謝はしてるよ〜
伶菜
えっ、うそ!チャイム…
玲於
ほんとごめん。でも、せっかくだから…っえ
伶菜
すみません。サボりません!じゃ、また
玲於
…はーい