無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

辞令
お偉いさん
お偉いさん
おほん、今日付けで神田あなたを国家機密機関警察へ移動を命じる
……………は?え、ちょっと待って、あのジジイ何言ってんの?
国家機密機関警察??何それ、聞いたこともないんだけど!?
え、ふざけてんの?バカにしてる?え、ちょ、殴っていい?
お偉いさん
お偉いさん
おい神田、心の声丸聞こえだぞ
は、え、何言ってんの、頭おかしいわ
お偉いさん
お偉いさん
おい、丸聞こえだって言ってるだろ
貴女
貴女
……
お偉いさん
お偉いさん
何とか言えよ!?
貴女
貴女
あ、あ、それパワハラだ!内部告発してやろーっと
お偉いさん
お偉いさん
もう、勘弁してくれ…
貴女
貴女
あ、すんまそん
お偉いさん
お偉いさん
んで、お前これから移動だから
貴女
貴女
えぇ、どこですか国家機密機関国際連合警察って、名前的に凄そうだけど
お偉いさん
お偉いさん
ここから少し行ったところの地下だ
貴女
貴女
…りょーかいでーす
地下ね…………ん??地下??地上の下??
お偉いさん
お偉いさん
地上の下だ
貴女
貴女
………えぇ!?