無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

3話
ラウール
「あなたちゃん!」
あなた
「(ビクゥゥ!」
急に呼ばないでよ…
ラウール
「あ、ごめんね!」
あなた
「(((( -ω- ))))」
ラウール
「良かった…あのさ、よろしくね!」
あなた
「(*- -)(*_ _)ペコ」
喋らないで会話ってムズい。
目黒
「なんで喋んないんだよw」
松村
「人見知りなんじゃない?俺も、そうだし。」
本読みながら言うとか。
優等生かよ←
目黒
「そっかそっか!ごめんね!」
あなた
「((・・。)(。・・))フルフル」
ラウール
「それでs」
女の子達
「あなたちゃーん💗ちょっと来てぇ💗💗」
嫌な予感がする。
あなた
「わかった…!今行くね!」
女の子達
「うん💗」
誰もいない場所__
女の子
「ねぇ。あんたさ、私達の言うこと聞けない訳?」
あなた
「え…?」
あなた
「え、話さなかったじゃん…」
女の子
「いや、あれも会話に入るっしょww」
バシャー
あなた
「……」
一瞬、何が起こったか、わからなかった。
水をかけられたんだ、
女の子
「あははっ!切ったなぁーい。そんな汚いので教室来ないでよね。」
女の子
「次こんなことがあったらこれぐらいじゃ済まないから。」
あなた
「………、」
女の子
「あ、そーだ!先生には、ちゃーんと伝えておくから!保健室の先生に、お腹が痛いから、少し休ませてください。ってお願いしてよね!ww」
もう、どうでも良くなった。
💗サン