無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

稲荷崎と日向ちゃん
〜部活中〜



北「お前らここ座れ」



皆「「はいッ!!!!」」



アラン「急に集めてどうしたんや」


銀「あ、他校との練習試合とかですかね?」


侑「他校か…………翔陽くんおったらいいなぁ」


治「そこだけは共感やわ…」


角名「確か日向って烏野だったよね」













𓆛𓆜𓆝𓆞𓆟


北「ほんで練習試合組むことになったわ」


侑「そうですか…(どうせショボイ所とやんねん
よな…)」


アラン「ちなみに組む所の高校って…」


北「烏野や」





















皆「「ィィィィイイイイヨッシャアアアアアアアァッ!!!!!!!」」



侑「え、ちょっ、ほホンマですか…?ゑ?」


治「翔陽……また会えるんか」


角名「デジカメ買おっと(日向のお風呂姿も撮
りたいから防水にしよ)」


アラン「角名お前…何撮るつもりやねん………」