無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

日向ちゃんの日常
女になってから皆俺に対する態度が変わった


例:ノート運び

先生「おーい。誰かノート職員室まで運んでき
てくれないかー」

『あ、じゃあ俺行きまs(((』

モブ「はいはいはーい!!!お、俺行きマース」

モブ「はぁ!?お前は引っ込んどけよ!!!先
生〜俺が行きます」

モブ「おいおい騒ぐなって。あ、僕運びます
よ〜」

モブ「いや、私が…」
モブ「ウチが行きますよ〜」
モブ「だから、俺だって」



モブ((日向に良いところ見せて好感度アップさ
せるぜ!!!そしてあわよくば付き合t))


『えぇ…』






例:怪我


〜体育〜




ズシャア!!!


『痛って…転んじゃった………』

モブ「日向ぁぁああああ!!!!!!!!!!」

モブ「お、おお前足怪我したのか!!???」

モブ「こんなにも細くて綺麗な足に傷が…!!!」

モブ「ちょ、誰か救急車呼べ!!!」

モブ「私…もう生きていけない………」

先生「日向!!!お前病院行ってこい!!!傷が残
ったらどうするんだ!!!(擦りむいただ
けです)」






『皆、大袈裟じゃね………?』





例:忘れ物



『あ!!やべ!!!』

モブ「どうしたんだ?」

『そ、それが教科書忘れて…』

モブ「え?私の教科書使って良いよ?」

モブ「日向が使った後の教科書とか絶対興奮す
る…やばい勃っt」

モブ「なんなら使ってください。お願いしま
す」

先生「日向教科書忘れたのか?それなら大丈夫
だぞ。もう、新しいの取り寄せてるから
な〜」(勿論、日向用)






『なんか、皆怖ぇよ……』



















┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

『てことがあってさ〜訳わかんないんだけど
あれ?山口??』

山「……日向。その話絶対他の人に話しちゃ駄目
だからね………絶対だよ?分かった?」


山(やばいやばいやばいこの話菅原さん達に聞
かれたらクラスメイト達全員死亡確定だ
よ。何とか死守せねば………)


『お、おう…?』

日(山口の顔真っ青だ…なんかあったのかな)






原因:日向



┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

〜バレー部の人達〜

月島:意地悪をするのは変わりないが、他の人
がしているのを見つけると殺気オーラを
振りまく

影山:目が合うと顔を真っ赤にする。他の人と
楽しそうに話しているのを見つけると相手
を半殺しにしてしまう(え?)

菅エル:携帯にGPSを付けている。普段はニコニ
コと相手に接するが日向に関わる事が
あれば問答無用で殴りかかってくる。
日向セコムの中で一番危険

西谷:なんの恋心も無さそうだか日向に関して
はある。プラス下心も。日向とのお喋りを
邪魔すると威圧を放ち相手を殺すような目
で見てくる。




他もろもろ…



































今日も天使は守られている