無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第25話

#25~俺が嫌だ~
真凜
えーーーー!!!
私は涼介の話を聞くなり、叫んでいた
真凜
ほ、本当に??
山田涼介
山田涼介
おぅ。嘘ついてどうすんだよ笑
涼介は微笑んだ
真凜
じゃあ、そ、その話が本当なら…!!
山田涼介
山田涼介
知念と俺は同じジャニーズのグループだよ笑
本当に!?
私は急いでスマホで検索をした
『山田涼介  知念侑李』
検索結果には驚くべき事、Hey! Say! JUMPという同じグループだった
真凜
ほ、本当なんだね…!!
まさかの事実
3年ぶりに連絡を取ったから知らないのも当たり前だと思うけど…
私は昨年の大晦日に見ていた紅白歌合戦を思い出す
私は見ていたのに思い出せない

トップバッターがHey! Say! JUMPだったなんて…!!
真凜
あ、あのs
私が話そうとしたのを遮って
山田涼介
山田涼介
さっき、知念と2人で何してたの?
いきなりの涼介の質問

涼介を見ると…笑顔だけど目が笑っていない
真凜
な、何って…ダンスを教えて貰ってただけだよ?
私の返事に涼介は戸惑いを隠せていない
山田涼介
山田涼介
え、は?ダンス!?
真凜
うん、ダンス
私は華鈴学園の球技大会についてを全て話した
山田涼介
山田涼介
そうなんだ、なんで俺じゃなくて知念に頼ったの?
えっ…?

私は驚いた

涼介がそんな事を言うとは…

まるで、嫉妬してるみたいじゃん笑
真凜
知念くんはダンスが上手だから…
山田涼介
山田涼介
俺だってジャニーズだから、踊れるよ?
それから涼介は考え事をしているよう
山田涼介
山田涼介
じゃあさ、俺が真凜に特別講習してやるよ
真凜
え、え?
私は嬉しかった
最近涼介といると素の自分で居られるし、ちょっと一緒に入れるだけで嬉しくなる
真凜
あ、てかさ、1週間華鈴学園に来れないんじゃなかったの?
私は思い出した
涼介は1週間、華鈴学園に来れないって言ってた事を
山田涼介
山田涼介
あー、あれね。
俺、仕事を急いで終わらしたから早めに休みをくれたんだ
涼介って凄いんだね…でも、
真凜
私の事は良いのに…?
山田涼介
山田涼介
俺が嫌だ
涼介は私の目を見て言ってくる
恥ずかしくなって私は目を逸らした
真凜
わ、分かったから、近いって/////
涼介はだんだんと顔を近づけて来ていたのだ

私がそれを見逃すはずがない
山田涼介
山田涼介
じゃ、明日からは真凜はこの図書室にきてね?
俺がバシバシ真凜の体にダンスを叩き込んでやる!!
こ、怖いですよ…涼介さん…(泣)
真凜
よ、よろしくお願いします…!!(泣)







☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆.

その頃の花と知念
花
はぁはぁはぁ…
知念侑李
知念侑李
ここはこうだからね?
さっきから同じ所ばっかり間違ってるから集中してね?
彼氏が迎えに来るんでしょ?
花
は、はい…!
猛特訓をしていました笑