無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第26話

#26~明日が本番~山田涼介side
そろそろかな?
俺はそんな事を考えながら、真凜の踊る姿を見ていた
今は真凜にダンスを教えている
山田涼介
山田涼介
いい感じだな!
じゃ、次はこの右手に意識しながら…
真凜
はい!
真凜は俺のアドバイスをしっかり意識して踊っている
あ。

さっきの『そろそろかな?』はどんな意味かって?
『そろそろ…告白の返事をして貰おう…かな?』
って、いう意味
真凜が楽しみにしている球技大会が終わってからにしよう!

そう、心に決めた
山田涼介
山田涼介
真凜、もう遅いし帰るか?
真凜
ううん。はぁはぁ
明日が本番だから、今日は確認するの
山田涼介
山田涼介
あぁ。
でも、本当にあと少しな?
今は時計の長い針が一番下を…

短い針が下の少し右側…かな?
そう、現在の時刻は5時半
これ以上遅くなったら真凜の親も心配するだろう
真凜
…ふぅ
真凜はタオルで汗を拭きながら歩いてきた
山田涼介
山田涼介
もう、確認はいいのか?
真凜
うん!明日の為にも帰って早く寝ることにする!
そして、俺たちは華鈴学園をでた