無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第20話

#20~占いと同じ…~
家のリビングでテレビを見ていたらHey! Say! JUMPが出てきた
私はHey! Say! JUMPを知らないのでチャンネルを変えようとしたら…
山田涼介
山田涼介
こんばんは!山田涼介です!
山田涼介が出てきたので思わず見入ってしまった
そういえば、山田涼介はアイドルだったんだな…
真凜
私、こんな凄い人に告白されたんだ…
テレビでは、Hey! Say! JUMPが9人で踊っている
真凜
Hey! Say! JUMPって、人数が多いんだね…。
でも、こんなにダンスが揃ってるなんて!
私は小さい頃、ダンスを習っていた時期があった

しかし、周りの子と差が凄すぎて諦めてしまった
と、その時
プルルルル
私のスマホが鳴った
表示を見ると『山ちゃん』となっている
私はスマホをとった
真凜
もしもし?
山田涼介
山田涼介
もしもし?
さっきまでテレビに出ていた人と私は電話をしているんだ…

そんな違和感を感じている
真凜
あの、急にどうしたの?
山田涼介
山田涼介
あぁ。
俺な、一つだけ真凜に言い忘れていた事があってな。
真凜
言い忘れていた事?
嫌な予感がすると思いつつ、山田涼介の言葉を待った
山田涼介
山田涼介
真凜さ、いつになったら俺の事を名前で呼んでくれんの?
前に確か、電話でそんな事を言われた覚えがある
しかし私は忘れていた

『タメにする事』しか覚えていなかった
私は黙っていると
山田涼介
山田涼介
もしかして…忘れてた?
ギグっ
山田涼介
山田涼介
もしかして図星?
真凜
ご、ごめん!
………………
山田涼介は何も言わない
真凜
も、もしかして、怒ってる?
私は戸惑いながら、山田涼介に聞いた
山田涼介
山田涼介
ぷっ、くくっ笑
しかし山田涼介は、怒っているのではなく笑っている
真凜
え、あ、あの?
山田涼介
山田涼介
お前、可愛すぎんだろ!
真凜
えっ!?
か、かわ、可愛い!?

私が!?
真凜
か、可愛くないよ!
私が可愛いなんて…眼科をお勧めします
山田涼介
山田涼介
は?何言ってんの?
俺が一目惚れしたんだから可愛いに決まってんだろ?笑
真凜
え?ひ、一目惚れ!?
私は驚いた
真凜
それ…占いと同じ…
山田涼介
山田涼介
あっ!
確か、占いでもそんな事を言っていたような…
山田涼介
山田涼介
あの占い師、本物なんだな…(ボソッ)
真凜
え?何?
私は聞き取れなかった
山田涼介
山田涼介
あ、何でもない!
あと、明日から1週間は華鈴学園に行けないから、宜しくな?
1週間?
真凜
仕事なの?
山田涼介
山田涼介
おぅ。
でも、LINEや電話は出来るからな!
LINEと電話はしてくれるんだ…

嬉しい!
……………って、え?

嬉しい??私が!?
山田涼介
山田涼介
じゃあ、もう遅いから切るな?
真凜
う、うん!
おやすみなさい!
山田涼介
山田涼介
おやすみ
そう言い、電話を切った
切る直前に山田涼介が
山田涼介
山田涼介
全部声に出てんだけど…/////
と言ってるのを知らずに