無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第18話

#18~真凜が好きだ!~
山田涼介
山田涼介
俺は…真凜が好きだ!
……はい!?
私の頭は混乱中
え?え?どういう事?
花じゃなくて…私!?
いやいや、ただの空耳だよ笑
だって私、山田涼介が言ってた『気になっている子の特徴』とは程遠いよ?
山田涼介
山田涼介
………っぷはっ!
山田涼介が吹き出した
私は意味が分からず山田涼介を見ていると
山田涼介
山田涼介
空耳じゃないよ。
しかも、俺が言った『特徴』は合ってるよ?笑
え?

私が考えていた事に対して山田涼介は話してくれた

…あなたはエスパーですかね?
山田涼介
山田涼介
ふ、くくっ笑
エスパーじゃないよ笑
真凜が言ったから笑
山田涼介はまだ笑っている。

というか、私が気になったのは…
真凜
えっ!?
私、言ってた!?
山田涼介
山田涼介
おう、バリバリ言ってたよ笑
無意識のうちに口から出ていたらしい

驚きすぎて、おかしくなったのかな?
山田涼介
山田涼介
…ま、そういう事だから。
『そういう事』じゃないよ!
真凜
え、あの、えっと…
私は、返事をしないと…と思ったが、なんと答えたらいいか分からない
山田涼介
山田涼介
返事は今すぐじゃなくて良いよ。
ただ、これから俺を意識して欲しくて言っただけだからな!
まだ私の頭の中は混乱している

これからの学校生活はどうなっちゃうの!?
山田涼介
山田涼介
じゃ、俺はもう言いたいことも言ったし、夕方から仕事だけど帰るな!
またな、真凜!
そう言い、山田涼介は私を置いて屋上を出ていった
私はその後、1、2時限目をサボってしまった